囲炉裏

7月から我が本間建設に外国人実習生が来ています(*’▽’)

 

 

早2ヶ月が経ち、慣れない異国の地で毎日大変そうですが、言葉もゆっくりしゃべると理解してくれるので、

これからの活躍を期待しています(*’▽’)

 

 

 

本間建設もグローバル化になるか?!!

 

 

 

 

最近木造住宅の特に

 

【和】 だと思う部分に注目しています。

 

 

【囲炉裏】

 

 

 

家に欲しいと思ってもなかなか。

我が家は北欧風住宅で建てたので、囲炉裏は全く似合いません。

 

THE 和住宅 な感じの家憧れます。

 

囲炉裏ってみてると落ち着きます。

火(キャンドル)のゆらぎを見ることは、落ち着き安らぎと感じるといわれています。

 

ん?なぜ ?でも落ち着くなあ。

 

ま、小さいお子さんがいたらそんな落ち着く暇ないけど。。

 

 

暖炉も落ち着く。見ていたら。

 

今の季節は暑いだけだけど(‘_’)

 

 

そもそも囲炉裏っていつからあったの?と思い

 

グーグル先生に聞きました。

 

 

竪穴式住居の時からあったそうです。

 

 

この住居時代。

 

これって卑弥呼の家じゃね?

と思っちゃうぐらい相当昔のときからあるってことですね。

 

卑弥呼といえば弥生時代。邪馬台国。

(私歴史はめっぽう弱いのですが、この時代は好きです。聖徳太子とか。

でも詳しくはありません。)

 

 

 

ひょえー!!

今の時代まで見かける頻度は少ないですが、あるなんてすごい!古墳ぐらいすごい!(個人の感想です)

 

 

とはいえ、囲炉裏って奥が深い!(なに深い所あった?という気持ちは消しましょう)

 

 

 

終わり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です